原監督が4番奪取を厳命…巨人・岡本は来季復活なら3年後にヤクルト村上と同時メジャー

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(64)が岡本和真(26)に「理想を言えば和真が4番。(中田)翔が若き大将を支える。松井を清原が守ったように」と来季から新主将となる主砲に4番の奪取を厳命した。23日付のスポーツ紙が一斉に報じている。

 今季は開幕から4番に座ったものの、調子が上がらず、8月11日の中日戦で今季初めて4番から降格した。その後も中田に譲ったまま、シーズン終了まで「定位置」を取り戻すことはなかった。

 今季は打率.252、82打点、30本塁打。年俸は今季の3億円から3000万円減の2億7000万円に減俸となり、「今シーズンはうまくいった時がないくらい。来年はいい方向に持って行けるように」と振り返っていた。

 さる巨人OBが言う。

「主将だった坂本は複数年契約中とはいえ、度重なる故障で3度も離脱。V逸どころか3位以内のCSにも出られなかった戦犯とされるのに、年俸は6億円の現状維持。一方で岡本は昨年まで2年連続で二冠王。球団では王、松井に次ぐ5年連続30本塁打以上を継続したのに、3000万円もダウンするのは気の毒という声もあった。本人も忸怩たる思いがあったでしょう。公言こそしていないが、メジャー志向を秘めている。これで5年間フルに働いたので、海外FA権取得まであと4シーズンの計算。その1年前に球団からポスティングを使ったメジャー挑戦が認められるとすると、Xデーは3年後の2025年オフということになります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差