巨人ドラ1浅野翔吾に「遊撃挑戦」の仰天情報! ウルトラCに透けるポスト坂本不在の深刻

公開日: 更新日:

 巨人は22日、2023年春季キャンプの日程を発表した。

 来年3月のWBCの関係で、セ・リーグの公式戦は例年より1週間遅い3月31日に開幕する。そのため、これまで2月いっぱいで打ち上げていた那覇2次キャンプを3月5日終了に繰り下げる。

 その巨人は中堅・丸の右翼転向に伴う外野のレギュラー争いが話題だが、原監督が「ショートで生きるしかない」と遊撃専念が決まった坂本勇人(34)の後継者問題は進んでいない。

 さるチーム関係者がこう言った。

「入団当初は遊撃手だった打撃のいい増田陸は、今オフに外野挑戦が決まり、中堅のレギュラー争いに加わる。原監督は『レギュラーを狙うならレフトかセカンドだろう』と言っているから、遊撃を守ることはないでしょう。そうなると、高卒2年目で今季一軍で46試合遊撃を守った20歳の中山が筆頭。失策数は3で守備面は及第点だった。しかし、原監督には打率(.198)が不満だったみたい。『打力と線の細さが課題』と漏らしています」

 創価大の遊撃手で身長171センチのドラフト4位ルーキー門脇の評価も高いが、いきなり「ポスト坂本」の働きを期待するのは荷が重い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで