阪神史上初・杉山オーナー就任から始まる“阪急イズム”の注入…「現球団幹部の総退陣」もあるぞ!

公開日: 更新日:

「想像もしていなかった。身に余る大役。十分に優勝を狙えるチーム。優勝をお届けできるよう、全力投球したい」

 21日、同日付で阪神の新オーナーに就任した阪急阪神ホールディングス(HD)の杉山健博社長(64)が記者会見で意気込みを語るとともに、こう強調した。

「球団の経営権は阪神電鉄にあることは変わりありません」

 阪神が村上ファンドの電鉄本社株買い占めに端を発し、阪急の完全子会社となったのは2006年。あれから16年、阪急側の人間がオーナーになるのは、1935年の球団創設以来初となる。

 その一方で、今回の人事では、阪神電鉄社長の秦雅夫氏が「代表権」を持つ代表取締役球団会長に就任。球団は今後、異例の“二頭体制”となるが、あくまでNPBへの新規加盟料対策ともっぱらだ。

 在阪の放送関係者がこう言う。

「阪急阪神が経営統合した際の経緯があるだけに、阪急側も球団運営に関して細かいことまで口出しできなかった。NPBへの新規加盟料の30億円が免除されたのは阪神のおかげ。向こう10年間は阪神が経営するとの誓約書もあったからです。しかし、その10年はすでに経過。チームも優勝から遠ざかっているうえ、18年の藤原オーナー就任以降、同年オフの金本知憲監督の電撃解任などのゴタゴタが続いた。それやこれやでオーナー交代に至ったのでしょうが、阪急出身の杉山オーナーが代表権まで持てば、再び加盟料の30億円問題が再燃しかねない。だから阪神に球団の代表権を持たせたとはいえ、実質的には阪急が運営することになるでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた