ソフトBが見せた超金満球団の真骨頂!FA近藤健介に余裕で7年50億円、その先の大いなる野望

公開日: 更新日:

「驚きましたが、ある意味では納得もしています。それだけ本気で優勝を狙っているということですから」

 こう話すのはホークスOBの山内孝徳氏(評論家)だ。

 12日、ソフトバンク日本ハムからFA宣言していた近藤健介(29)の獲得を発表。背番号は「3」で、14日に入団会見を行うという。

 契約内容は破格も破格。6年総額35億円、あるいは7年総額50億円以上ともいわれている。ソフトバンクでは主砲の柳田が2019年オフに年俸変動制の7年契約を結び、去る6日の契約更改では野手史上最高額となる現状維持の6億2000万円プラス出来高でサイン。近藤が7年50億円なら年換算で7億円強。一気に球界最高年俸を手にすることになる。

 近藤は今季、打率.302、8本塁打、41打点。通算成績は同.307、52本、446打点で、打率3割超えは6度。出塁率は.413を誇る。外野守備にも定評があり、FA宣言後は楽天以外のパ5球団が参戦する、近年まれに見る大争奪戦となった。

 球界関係者によると、「最終的にはソフトバンクとオリックスの一騎打ちだった」という。ソフトバンクはペナントレースではここ2年、オリックスの後塵を拝していたものの、条件の上積み、近藤が尊敬する長谷川一軍打撃コーチを交渉の場に引っ張り出すなど、あの手この手を駆使し、意地を見せた形だ。

 山内氏が続ける。

「ソフトバンクにすれば、その意味でも『オリックスには負けられない』という思いもあって上積みもしたはず。吉田正がメジャー移籍するとはいえ、前西武の森に加え、近藤まで加わればいよいよ手がつけられませんからね。戦力を考えれば、ソフトバンクは毎年優勝を狙えるチーム。ここ2年は優勝を逃していますが、だからこそ、『自分の力で優勝に導く』というやり甲斐も近藤にはあるでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた