JFA田嶋会長が“やる気満々”森保監督続投を明言しないワケ 一部選手からは采配に疑問の声が

公開日: 更新日:

 カタールW杯で初の8強入りまであと一歩に迫った日本代表の森保一監督らが7日、成田空港着の航空機で帰国。約700人のファンと、約200人の報道陣が出迎えた。

【写真】この記事の関連写真を見る(10枚)

 11月9日にDF長友やGK権田らJリーグ組6選手のカタール出発を見送ったファン、報道陣は総勢30人ちょっと。絵に描いたような「手のひら返し」だが、ファンの「ブラボー!」という掛け声に生真面目な指揮官は「応援! ありがとうございました!」と声を張り上げて応えた。

 ひと休みする間もなく森保監督と主将のDF吉田は、成田市内のホテルに移動してJFA(日本サッカー協会)の田嶋会長、技術委員会の反町委員長と帰国記者会見に臨むと、注目を集めている「ポスト森保問題」について、報道陣からシニカルな質問が飛んだ。

■「反町監督が…」とポロリ

 グループリーグ(GL)敗退に終わった2006年ドイツ大会後の帰国記者会見で当時の川淵JFA会長が「オシムが……」と次期監督の名前を問わず語りで漏らして「自分自身の責任問題をウヤムヤにした」(JFA関係者)ことがあった。

 その一件を引き合いに出しながら「今日はポロリはありますか?」という質問に、田嶋会長は「代表監督は技術委員会での議論の後、会長と委員長ほか数名で話し合ってからJFA理事会に諮ります」と冷静にコメント。

 続けて「ここで(誰かの名前が)出ることはありません」と話したが、最後に「反町<監督>がしっかりと考えて進めていってくれると思います」とポロリ。「次期監督は反町さんで決まり!?」と報道陣を色めき立たせた。

「単なる田嶋会長の言い間違いだろうが、監督の続投について田嶋会長は慎重な姿勢を崩さないというか、ドイツとスペイン撃破の快進撃に対しても冷淡過ぎるというか、何とも煮え切らない態度なのです」と話すのは某サッカー関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈