羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

谷原秀人連覇のJTカップにみる ベテラン&若手が盛り上げるツアーに明るい兆し

公開日: 更新日:

 今季男子ツアーの総決算でもある「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、賞金ランク上位選手が集結し見どころ十分でした。

 ただ、12月開催で気温が下がり、気象条件が厳しい中で例年大会が行われます。

 会場の東京よみうりCCは、18番パー3の傾斜がきつい高速グリーンに代表されるように、カップインするまで一瞬たりとも気が抜けず、スコアメークがとても難しい。

■メリハリの利いた攻め

 ちょっとでもショットを曲げると、アウトもインも出だしホールからスコアを大きく崩すため、無理に攻めることはできず、メリハリの利いた攻め方でないと優勝争いに絡めません。攻めるホール、守るホールを的確に見極める力もプロには求められます。

 そういった意味では大会連覇の谷原秀人が44歳、2位の岩田寛が41歳と経験豊富なベテラン選手がタフなコースでスコアのまとめ方がうまかったといえます。

 首位発進の小平智が終盤17番パー5でボギーをたたき優勝争いから脱落しました。ここはプロならアイアンで2オン可能であり、イーグルチャンスも期待でき、最低でもバーディーが欲しいところです。1打ビハインドで迎え、久しぶりの優勝がちらつき、待たされた2打目にアドレナリンが出て思ったより飛んでしまったのでしょう。フェアウエーからでも左足下がりのライであり、傾斜地からのちょっとしたミスが小平の場合は命取りになりました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日