昨年で終了のはずが…福岡国際マラソンが2度目の「終幕」を迎える日

公開日: 更新日:

 この形でいつまでもつのか。

 1947年創立の今大会は昨年75回で幕を閉じたが、陸連に協力を要請された福岡県などが汗をかき、存続が決定。今年も師走の福岡をエリート選手が駆け抜けたわけだが、根本的な問題は解決していない。

 2012年から協賛についていたマイナビとの契約は昨年までだった。「契約切れまでに新しいスポンサーが見つからなければ22年以降は大会の継続が難しい」(大会関係者)といわれ続け、昨年それが現実のものとなった。大会の閉幕が決まってから陸連などが福岡県を動し、資金集めのため、地元企業に対し、100万円から300万円までの地域サポーターを募集。福岡陸協も1口5000円から50万円の寄付を募った。

「特別協賛にはスポーツに理解のある木下グループさんがつき、テレビは地元の九州朝日放送が担当。資金面はなんとかクリアしたんですが、問題視されていた開催時期は変更されなかった」(スポンサー関係者)

 地元では12月開催の継続を望む声も少なくないようだが、今大会の4週間後には実業団が最も力を入れているニューイヤー駅伝がある。故障のリスクがあるので福岡国際に自社の選手を出場させることに反対する会社幹部もいるという。よって、マラソンで記録や日本代表を狙う選手は3月の東京マラソンやびわ湖を選択する。実際、今年の福岡国際を見ても、知名度のある有望選手はほとんど出ていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄