巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

公開日: 更新日:

 だれに、いくら払おうと、ケチをつけるつもりはさらさらない。球団によって、カネの使い方はさまざまだし、それで本人が気を良くして結果を出し続けるようなら、大枚をはたいた甲斐もあるというもの。が、この人の場合、気前よく年俸を弾んだところで結果を出し続けるかは疑問と言わざるを得ない。

 2日、巨人の球団事務所で契約更改を行い、今季年俸1億5000万円の倍増、3億円の3年契約でサインした中田翔(33)のことだ。

 日本ハムから移籍2年目の今季は、109試合で打率.269、24本塁打、68打点。8月からは岡本和真(26)に代わって4番に座った。

「もっと気を引き締めて頑張らなければと、改めて思った。(今季は)二軍にいた期間も長かったので、来季は全試合に出られるように頑張りたい」

 更改後の本人はこう言って殊勝だったが、「シーズン中の8月に移籍した昨季は、34試合で打率.154、3本塁打、7打点。暴力事件を起こして日本ハムからの無償トレードだったし、今年結果が出なければクビになりかねなかった。精神的に追い込まれたときの中田は期待できるし、ここぞというときの集中力はハンパじゃありませんからね。ただ、それが長続きしないんです」と、日本ハムOBがこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実