元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

決勝Tクロアチア戦もFW前田大然の“鬼プレス”に期待 森保監督も「犠牲心」に賛辞送る

公開日: 更新日:

12月2日

 スペイン戦の劇的逆転勝ちで「死の組」1位通過を決めた日本。ラウンド16で対峙するのはW杯で2度ぶつかり、未勝利のクロアチア。2018年ロシアW杯準優勝国にしてMVPに輝いたモドリッチ(Rマドリード)を擁する難敵である。

「非常に柔軟に粘り強く戦えるチームです。ロシアW杯で見た時に本当に素晴らしいチームだと思った」と森保一監督。ボール支配率はドイツ戦やスペイン戦よりは上がるだろうが、今回も最前線の韋駄天FW前田の「鬼プレス」に大きな期待が寄せられるところだ。 

 スペイン戦の後半開始3分。前田は相手GKに猛烈なプレスを掛けてキックミスを誘い、伊東のボール奪取から堂安の同点弾につなげた。

「後半の最初、プレスに行くとチームの中で決まって、全体でプレスを掛けられてハマった。うまくできたのかなと思います」と本人もしてやったりの表情を浮かべた。

 ずぬけたスプリント能力と卓越したスピードを駆使した前線からの献身的守備という武器は、16年にプロキャリアをスタートさせた松本山雅(当時J2)時代の経験が大きい。指揮官だった反町康治・現JFA技術委員長が堅守速攻を志向。前田は「ソリさんからは前からボールを追う重要性を叩き込まれた」と口癖のように言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日