森保マジック再び“衝撃の142秒”でスペイン粉砕! 9月「3つの決断」でW杯の用兵采配が激変

公開日: 更新日:

これまで数度しか試していないシステムを採用

 試合開始と同時にスペインが長短のパスを小気味よくつなぎ、日本選手はボールに触ることもできない時間帯が続いた。

 前半11分の失点シーンは、相手エースFWを吉田麻也板倉滉の主軸DFがマークを外したことが原因だった。MF鎌田大地とMF久保建英はボールを前に運べず、MF守田英正もミスが目立って日本はチャンスらしいチャンスすらつくれなかったが、ドイツ戦と同じように後半から森保采配が一気に形勢を逆転させた。

「W杯本大会の森保監督は、W杯予選の頃とは別人のようです」とワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏がこう続ける。

「9月のドイツ遠征での選手起用、采配などを通して感じたことなのですが、森保監督は<負けを恐れない><結果について全責任を負う><前向きな采配を振る>ことを決断したと思う。スペイン戦は開始から3DFで臨みましたが、これまで数度しか試していないシステムを大一番で採用した。堂安、三笘の投入のタイミングも早かったし、DF冨安やMF遠藤の投入も実に効果的だった。森保監督は東京五輪やW杯予選、テストマッチで培った経験を血肉にし、少なからず『やるべきことはすべてやった』と良い意味での開き直りも奏功した。コスタリカ戦敗戦のショックから選手の精神面を立て直した森保監督のチームマネジメントも見事です」

 決勝T1回戦の相手クロアチアは、前回大会準優勝の強豪だが、今の日本代表の勢いをもってすれば、日本初のベスト8入りも見えてきた──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差