武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

テニス界の主役は来季もジョコビッチになる根拠 世代交代の潮流に抗う存在感

公開日: 更新日:

 テニスの全日程が終了した。コロナの影響が残るシーズンだったが、世代交代のもようをうかがわせつつ、来季のスリリングな展開をにおわせた結末だ。

 最終ランキングのトップは19歳のカルロス・アルカラス(スペイン)で、ナダルを挟んで3位は23歳のキャスパー・ルード。トップ10に定着したチチパスのギリシャも珍しかったが、ノルウェー出身はキャスパーの父クリスチャン以外に聞かない。着実に多様化が進む中、終盤、潮流にあらがうノバク・ジョコビッチの存在が際立った。

 ウィンブルドン4連覇。英国政府の対ロシア政策の都合で優勝ポイント2000は付与されなかったが、本来なら合計ポイント6820でアルカラスに並び、全米でプレーできなかったことを考えれば実質ナンバーワンである。42勝7敗で優勝5回のシーズンを6度目のツアーファイナル優勝で締めくくった。9月のテルアビブ以降の18勝1敗という抜群のパフォーマンスには理由があっただろう。

 ジョコビッチはワクチン接種を拒否し、今年1月の全豪オープンでは国外退去の屈辱をなめた。この措置を受けると、向こう3年間入国できない罰則規定がある。ところが、ツアーファイナルの最中、オーストラリア政府が入国を認める方針とのニュースが流れた。全豪で通算優勝9回の記録を持つ男は「最高にうれしい」と大喜びした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」