広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

公開日: 更新日:

斉藤優汰(18歳・投手・苫小牧中央高)=広島1位

 北海道岩見沢市。冬場には積雪2メートルを越えることもある雪深い町で生まれ育った。厳しい寒さの中、母の明美さん(56)は夜勤の看護職をしながら女手ひとつで斉藤をプロの世界へ送り出した。

 同じ苫小牧中央で投手をする弟の翔太さん(16)と共にドラフト会議の指名を待った明美さんは斉藤から「ここまで育ててくれてありがとう」と花束を贈られ、「本当にうれしいです」と涙ぐんだ。

 感謝の向かう先は、母親だけではない。野球部の副部長を務める横井美可教諭(47=養護担当)はこう言う。

「非常に気遣いができる子で、友人に対しても教員に対しても、次にしようと思っている動作を先に読んで行動する。例えば何かを取ってほしそうだったら、『取りますか?』と声をかけたり。そういう気配り、目配りができる子でした」

 また、勉学の分野でも優等生。苫小牧中央は特別進学コースと一般コースに分かれているが、斉藤は特別進学コースで入学。常に学年1、2位を争う好成績だったという。

「入学当初から非常に勉強ができる生徒で、本人は数学が得意だと言っていました。野球部の練習で時間がない中、時間を見つけて寮に帰ってから30分でも机に向かう時間を自分なりにつくっていたようです。5時半ごろに起きて勉強している日もあるというのを同じ寮生が目撃していて、(目撃した生徒が)『自分にはできません……』と話していました」(横井副部長)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ