モロッコ36年ぶりW杯決勝T進出! カタール大会“台風の目”の本当の強み

公開日: 更新日:

 モロッコが36年ぶりに決勝トーナメント進出を果たした。

 モロッコは、すでにグループリーグ敗退が決まっていたカナダ相手にMFシイェシュとFWエンネシリのゴールで序盤に2点を先取。40分にオウンゴールで1点差に迫られて前半を折り返した。後半はスピードを生かした相手の攻撃やセットプレーで苦戦する場面も見られたが、堅守を貫いて逃げ切った。

 モロッコは2勝1分で勝ち点7とし、F組首位で1986年メキシコ大会以来の16強入り。大会前の下馬評で「ダークホース」と位置付けられたモロッコの強みは何か。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言った。

「W杯出場組のモロッコとチュニジアなどの北アフリカ諸国の選手は、もともと地中海を挟んで対岸のスペインやイタリアの選手に劣らない技術を持った選手が多かった。しかしカメルーン、ガーナ、セネガルにナイジェリアなど西アフリカ諸国の選手と較べるとフィジカル面で劣る選手が多く、W杯アフリカ予選で苦戦することが多かった。でも、現モロッコ代表の主軸選手は、フィジカル面でのハンデはない。主軸選手の多くが欧州の強豪クラブに所属しており、テクニックも一線級の選手が揃っています。大挙して押し寄せている母国のサポーターの後押しを受けるモロッコは、決勝トーナメント以降の台風の目になっても不思議ではありません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」