豪州がデンマーク撃破し決勝Tへ!カタールW杯ジャイキリ連発に「FIFAランクは詐欺」の声

公開日: 更新日:

 オーストラリアが金星を挙げ、4大会ぶり2度目の決勝トーナメント進出を決めた。

 日本時間1日午前0時キックオフのデンマーク戦。前半はボール支配率33%と苦しい時間が続いたが、後半15分に意表を突くカウンターからFWレッキーが決勝弾を叩き込んだ。FIFAランクはオーストラリア38位で、デンマーク10位。ジャイアントキリングに歓喜の輪が広がった。

 しかし、今大会では見慣れた光景だ。C組初戦でサウジアラビア(51位)がアルゼンチン(3位)を撃破。F組ではモロッコ(22位)がベルギー(2位)を打ち負かし、この日はD組のチュニジア(30位)がフランス(4位)を破った。そして、日本(24位)はドイツ(11位)に歴史的な逆転勝利。世界を驚かせた。

「W杯には魔物が棲む」と言われるが、相次ぐ大番狂わせにネット上では「FIFAランクの詐欺感がすごい」「まったくアテにならない」「6位のイタリアは出場すらしていない」と、FIFAランクを疑問視する声が挙がっている。

 FIFAランクのポイントは、これまで「結果」×「試合の重要度」×「対戦国の強さ」×「大陸連盟間の強さ」を考慮して算出されていた。アジア勢やアフリカ勢は強国との対戦頻度が少なく、ポイントを稼ぎにくい状況だった。18年6月から新方式が採用され、「試合の重要度」×「試合結果-試合の期待値」という算出方法になり、以前に比べて公平になったとされるものの、同年から欧州は4年に1度の欧州選手権に加え、2年毎に開催のUEFAネーションズリーグを導入。よりポイントを荒稼ぎできるようになった。

 今回の結果で分かるように、もはやFIFAランクはアテにならない。移民の人権問題や女性の権利など多方面に波紋を広げるカタールW杯だが、FIFAランクの価値にも一石を投じる大会になったのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」