やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

公開日: 更新日:

 今季女子ゴルフ各最終日の平均世帯視聴率(日本ゴルフトーナメント振興協会作成、ビデオリサーチ調べ)を見ると、関東地区で10%超えはなし。唯一の「2桁」は金田久美子(33)が11年ぶりに優勝した「樋口久子・三菱電機レディス」の中部(名古屋)地区(10.7%)だった。

 金田は名古屋出身で多くの地元ファンが観戦したのだろう。

 今はインターネット(有料)で女子プロの試合がライブ中継されているものの、視聴率はファンの関心度を示している。

 ちなみに昨年、唯一の2ケタ視聴率を記録したのは、渋野日向子(24)がプレーオフを制した同大会の12.4%(関東、中部とも)だった。

 ギャラリー数(主催者発表)も渋野効果は大きい。

 今季国内初戦のブリヂストン女子(千葉)は、予選2日間で約6000人ものギャラリーを集めたが、それをはるかに上回ったのがTOTOジャパンクラシック(滋賀)。初日だけでも5637人のギャラリーが会場を訪れ、2日目も4526人。大ギャラリーが渋野の組につき、同組のイ・ジョンウン6(韓国)が「すごいギャラリーなんだけど、いつもこんなに入るの?」と仰天した。

 この大会は4日間で延べ2万人超のファンを集めた。

「すごくもったいない1年だったというか、悔しい1年だった。ほぼ自信を失っている状態なので、自分に自信を持って試合に臨めるように来年は準備したい」と今季を締めた渋野だが、人気は健在だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ