やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

公開日: 更新日:

 今季女子ゴルフ各最終日の平均世帯視聴率(日本ゴルフトーナメント振興協会作成、ビデオリサーチ調べ)を見ると、関東地区で10%超えはなし。唯一の「2桁」は金田久美子(33)が11年ぶりに優勝した「樋口久子・三菱電機レディス」の中部(名古屋)地区(10.7%)だった。

 金田は名古屋出身で多くの地元ファンが観戦したのだろう。

 今はインターネット(有料)で女子プロの試合がライブ中継されているものの、視聴率はファンの関心度を示している。

 ちなみに昨年、唯一の2ケタ視聴率を記録したのは、渋野日向子(24)がプレーオフを制した同大会の12.4%(関東、中部とも)だった。

 ギャラリー数(主催者発表)も渋野効果は大きい。

 今季国内初戦のブリヂストン女子(千葉)は、予選2日間で約6000人ものギャラリーを集めたが、それをはるかに上回ったのがTOTOジャパンクラシック(滋賀)。初日だけでも5637人のギャラリーが会場を訪れ、2日目も4526人。大ギャラリーが渋野の組につき、同組のイ・ジョンウン6(韓国)が「すごいギャラリーなんだけど、いつもこんなに入るの?」と仰天した。

 この大会は4日間で延べ2万人超のファンを集めた。

「すごくもったいない1年だったというか、悔しい1年だった。ほぼ自信を失っている状態なので、自分に自信を持って試合に臨めるように来年は準備したい」と今季を締めた渋野だが、人気は健在だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 2
    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

  3. 3
    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

  4. 4
    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

  3. 8
    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

  4. 9
    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

  5. 10
    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由

    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由