日ハム4位・安西叶翔 直立不動で2時間、プロ入りに反対する父を納得させた意志の固さ

公開日: 更新日:

安西叶翔(18歳・投手・常葉大菊川高)=日本ハム4位

 今秋ドラフト日本ハムが支配下として唯一指名した高校生だ。

「高校入学当初は『良いものを持っているな』くらいの印象で、プロになるなんて思わなかった。高2の秋に突如、覚醒したんです」と、常葉大菊川高野球部の石岡諒哉監督が続ける。

「初戦敗退した秋季大会の直後から、コロナ禍で対外試合はおろか紅白戦すらできず、ひたすらトレーニングの日々が続きました。約2カ月間です。この時期に野球部でスピードガンを購入して、コロナ禍が落ち着いた後に久々の練習試合で使ってみた。すると、それまで130キロ中盤ほどだった直球が、いきなり147キロを記録したんです。ビックリでしたよ」

 京都府京都市で2歳上の兄、9歳下の妹に挟まれて育った安西は野球エリートではない。北白川ベアーズに所属した小学生時代は時折、肘痛に悩まされた。そんな経緯から、中学に上がると硬式チームではなく、軟式の京都ベアーズに入団。しかし、直後に成長時特有の関節痛を発症し、1年春から2年秋まで“ノースロー”を余儀なくされた。父の真一郎さんが振り返る。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感