従業員7人下請けでも容赦なくガサ入れ…五輪談合事件捜査拡大に透ける特捜部の本気度

公開日: 更新日:

 東京五輪・パラリンピックのテスト大会をめぐる入札談合事件で、特捜部は29日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で新たに広告大手「ADKホールディングス」と広告最大手「電通」の各グループ会社を家宅捜索。25日、28日に続く強制捜査は下請け企業にも拡大した。

 家宅捜索を受けたのは、ADK側が広告大手「ADKマーケティング・ソリューションズ」、電通側がイベント制作会社「電通ライブ」。このほか、いずれもイベント制作会社の「シミズオクト」と「トレス」も捜索を受けた。

 シミズオクトとトレスの2社は下請けに入ることを条件に、談合が疑われている一般競争入札への参加を見送った疑いがあるという。

「電通に限らず、広告代理店はイベント運営の分野ごとに、各社おおよその発注先が決まっているのが普通。持続化給付金事業と同じで、業務は下へ下へとほぼ丸投げされていきます。シミズオクトとトレスは、いわば電通の下請け。トレスは従業員7人と規模が小さいため、そもそも入札に参加できたかどうか疑問です。何次請けなのかは分かりませんが、トレスはかなり『川下』の方でしょう。そこまで捜査に入るとは驚きです。この調子で他の大手広告代理店の下請け企業にも強制捜査に入るつもりなら、キリがないでしょう」(広告業界関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も