太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

【Why shohei got snubbed?】なぜショウヘイは冷遇されたか?

公開日: 更新日:

 全米野球記者協会(baseball writers association of america=略称BBWAA)で大谷翔平にMVP票を投票した地元メディア、ジ・アスレチックのサム・ブラム記者が自身のコラムで書いたフレーズだ。ニューヨーク・ポスト紙(11月18日付)が引用している。全体の文章は次の通りだ。

「I am assuming judge taking to the playoffs is why shohei got snubbed?(私の推測だが、ジャッジがヤンキースをプレーオフに導いたことがショウヘイがMVP選びで冷遇された理由だ)」

 “Got snubbed”とは「冷遇される」「ひじ鉄砲を食らわせられる」といった意味。「鼻であしらわれる」といった不愉快な意味もある。

「昨年は我々皆がオオタニの記録に対してワォー! と歓声をあげて(oohed and ahhed!)全員一致で投票した。彼の商品的価値(novelty)は2021年と22年では違う。今シーズンは昨年よりもはるかに向上(improve)していた。彼の2つの分野での力量(dual prowess)は、あの偉大なベーブ・ルースを超えていた。MVP選出にはチームの強さが反映されるべきではない。チームメートの強さがMVPポイント獲得の理由になってはならない。オオタニも長い間続くエンゼルスの悪夢(nightmare)にへこたれてはいけない(should not get dinged)」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈