イングランドの眠れる獅子ラッシュフォードが母国を56年ぶりのW杯制覇に導くか

公開日: 更新日:

 スリーライオンズのエンブレムを左胸に掲げた「眠れる獅子」の覚醒はホンモノだろうか?

 カタールW杯グループB組・ウェールズ戦(日本時間30日午前4時キックオフ)で2ゴールを挙げ、チームの勝利とB組首位通過の原動力となったFWラッシュフォード(25)のことである。

「バトル・オブ・ブリテン」と呼ばれて注目を集めた一戦は、FIFAランク5位のイングランドが、同19位のウェールズ相手に序盤から試合を優位に進めた。

 試合が動いたのは後半5分だった。

 3トップの左で先発したラッシュフォードが、相手ゴールやや左・距離25㍍のFKをズバッと決めたのだ。

 その1分後には、イングランドのエースFWケインが右サイドから絶妙クロス。これを22歳FWフォーデンが左足で押し込んだ。

 後半23分、ウエールズの息の根を止めたのが、先制点を奪ったラッシュフォードである。

 自陣右サイドからのロングボールを相手右サイドで受けたラッシュフォードが、ドリブルで持ち込んで左足でフィニッシュ。ボールは相手GKの股間越しにネットに突き刺さり、これでウェールズの選手は完全に意気消沈。イングランドが力の差を見せ付け、ブリテン対決を完勝劇で制した。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感