脅迫に嫌がらせ…イランは“政府の圧力”にも屈しW杯6大会連続グループリーグ敗退

公開日: 更新日:

 アジアの強豪が、あと一歩で決勝トーナメント進出を阻まれた。

 日本時間30日の米国戦は1点ビハインドで前半を折り返し。後半、DFを1人増やした相手にエースFWタレミらが怒涛の反撃を見せるが、ゴールマウスを割れなかった。アディショナルタイムには、ゴール前の混戦で相手DFに覆い被さられたが、ノーファウル。必死のアピールも聞き入れられず、試合終了を告げるホイッスルが響いた。「引き分けで決勝トーナメント進出」の有利な状況ながら、1点が重くのしかかり、出場6大会連続のグループリーグ敗退である。

 3大会連続で指揮を執るケイロス監督のもと、堅守速攻を武器に16強入りを目指したが、今大会は周囲の雑音に何かと悩まされた。イングランドとのグループリーグ初戦では、イラン国内で社会問題化している「反スカーフデモ」への連帯を示し、試合前の国歌斉唱を拒否。同国政府が国際大会での代表にあるまじき行為と問題視した。選手は何らかの圧力を受けたのだろう。25日のウェールズ戦では、国歌を口ずさむ選手が少なくなかった。

 政府による圧力は選手の家族にまで及んだ。米CNNテレビによれば、政府直属機関である革命防衛隊が家族に対し、刑務所行きや拷問も辞さないと脅しをかけたという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感