山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

セのベストナイン外野手部門で阪神・高山俊が1票? 今年も不可解な少数投票

公開日: 更新日:

 今年もセ・パ両リーグのベストナインが発表された。ご存じの通り、これはMVPや新人王と同じく「記者投票」によって決まる制度となっている。私が贔屓にする阪神タイガースからはベストナイン投手部門で青柳晃洋、遊撃手部門で中野拓夢、外野手部門で近本光司が選ばれた。3人とも贔屓目を抜きにしても妥当な選出だろう。

 しかし、毎年そうなのだが、今年も不可解な少数投票があった。

 ヤクルト村上宗隆の三塁手部門でのベストナインは順当だったとしても、満票に1票足りなかったのには大いに疑問が残る。優勝チームの4番打者にして三冠王獲得、さらに日本人最多の56本塁打を記録した村上がベストナインではないとしたら、他に誰がいるのだろうか。そう思って、得票の内訳を見てみると、セ2位のDeNAから3年連続打率3割を達成した宮崎敏郎が1票だけ獲得していた。

 これ、おそらく宮崎と親しいか、あるいは宮崎ファンの野球記者なのだろう。正直、恥ずかしいことだと思う。宮崎は確かに素晴らしい選手だが、今年の村上を差し置いて三塁手ベストナインに票を投じた意図を贔屓目を抜きにして説明してもらいたい。村上だけでなく宮崎にも失礼だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈