大谷翔平が最優秀DH賞を2年連続受賞も…エ軍“厚化粧補強”が来オフの去就に及ぼす影響は

公開日: 更新日:

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(28)が、今季最も活躍した指名打者(DH)に贈られるエドガー・マルティネス賞を昨年に続けて受賞。28日(日本時間29日)、大リーグ機構が発表した。

 大谷は今年、本塁打が昨季の46本から34本に減ったが、打率は2割7分3厘(昨季は2割5分7厘)とアップさせた。今オフ、主要な表彰を獲得するのはこれが初めて。

 そしてエンゼルスがこのオフ、積極的な補強に動いている。

 FAで今季15勝した左腕のアンダーソン(32=前ドジャース)、ブルワーズとのトレードで29本塁打のレンフロー外野手(30)、ツインズとのトレードで好守好打のウルシェラ内野手(31)を獲得。ミナシアンGMはまだ補強は行うと公言している。

 アンダーソンは大谷に次ぐ先発2番手として機能しそうだし、エンゼルスの最大の課題ともいうべき攻撃力も確実にアップした。来季、プレーオフに進出する可能性はグンと膨らんだものの、「問題は補強の仕方ですよ」と、米紙コラムニストのビリー・デービス氏がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈