平幕・阿炎が逆転で初賜杯! 28年ぶりの巴戦が見応えゼロの九州場所を救った

公開日: 更新日:

「面白かったですね。何度も賜杯に挑戦しながらかなわなかった高安は残念ですが、貴景勝は大関としての意地を見せたし、阿炎も力強い相撲だった。一年の締めくくりという意味では素晴らしかったと思います」

 こう話すのは好角家の菅野宏三氏(ビジネス評論家)だ。

 27日、平幕・阿炎(28)が混戦の九州場所を制し、自身初優勝を飾った。千秋楽のこの日、2敗の高安が勝てば賜杯を手にしていたものの、本割で阿炎に惨敗。阿炎と貴景勝が3敗をキープし、1994年の曙、貴ノ浪、貴闘力以来となる28年ぶりの巴戦となった。

 最初に行われたのは本割の再現、高安-阿炎戦。立ち合いの当たりで高安が脳振とうを起こしたか、朦朧としているところをはたき込まれて土。一方、阿炎は続く貴景勝を力強い突き押しで攻め、2連勝。この時点で阿炎の優勝が決まった。

 インタビューでは、「迷惑しかかけてなかったので、少しでも喜んでくれていたら」と、師匠の錣山親方(元関脇寺尾)への謝罪と感謝を口にした。コロナ禍で外出制限があった2020年7月場所中にはキャバクラ通いがバレ、3場所出場停止処分。協会には受理されなかったが、引退届も提出した。そこからの復活劇である。とはいえ、阿炎本人の事情は別にして、今場所が巴戦に救われたのも、また事実だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感