ブラジルFWリシャルリソンが魅せた! 歴代屈指アクロバティック芸術弾で6度目W杯制覇に弾み

公開日: 更新日:

あのアクロバチックなシュートは、今大会のベストゴールで決まりです。いや歴代のW杯の芸術弾の中でもトップクラスのゴールでした」

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が感嘆しながらこう言った。

 日本時間25日に世界ランク1位のブラジルと同21位のセルビアが対戦。

 W杯出場国<最後のカード>となった試合で、ブラジルが優勝候補の最右翼であることを証明してみせた。

 主役はエースのネイマールではなく、背番号9の東京五輪得点王・FWリシャルリソン(25=トッテナム)である。

 後半17分、ネイマールが小刻みなステップを踏みながら相手PA内をドリブル突破。FWビニシウスのシュートを相手GKがはじき、そのコボレ球をリシャルリソンが押し込んだ。「ビニシウスがシュートを放つ前にリシャルリソンは一度、バックステップを踏んでDFのマークを外す動きを見せ、コボレ球に素早く反応して先制点を決めた。ストライカーらしいゴールだった」と前出の六川氏。しかし、その11分後、スタジアムに集まった約8万8000人の観客は、信じられないような光景を目にする。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」