ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

公開日: 更新日:

 W杯のロスタイムの測定に“新様式”が採用されたことで、初戦を待たずして世界中から注目を集める選手がいた。

 日本時間25日午前4時キックオフのセルビア戦に先発したブラジルのFWネイマール(30)のことだ。ネイマールといえば、ファール欲しさや時間稼ぎを目的とした過剰なアピールが専売特許。前回の2018年ロシア大会では4試合で計14分もピッチをゴロゴロと転げ回り、世界中の失笑を買ったのは記憶に新しい。

 しかし、「今年のW杯では、負傷、時間の浪費、ゴールパフォーマンスなど、プレーが中断した時間はその分だけ(ロスタイムとして)補償される」とは、FIFA審判委員会のコリーナ委員長。

 この新手法により、日本時間21日のイランーイングランド戦のロスタイムは前後半でなんと計24分。日本が大金星を挙げたドイツ戦でも、1点リードで迎えた後半のロスタイムは7分と表示され、試合を解説した元日本代表の本田圭佑ですら「なァな(7)分もある!?」と裏返った声で絶叫したほどだった。

 従来とは比較にならない追加時間が与えられているのだが、そこでネイマールだ。試合時間が厳格に管理されることによって、“伝家の宝刀”である時間稼ぎは意味を為さない。試合前からツイッターでは《いつものように転げ回ってアディショナルタイムが30分とかになるのか?》《アディショナルタイム20分とかの伝説をつくってほしい》《転がらないネイマールが見れるかも》《ネイマールはさらに30分、試合時間を増やしそう》などと、日本語のみならず多くの言語でネイマールの珍プレーを期待する声が上がっていたのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実