ドラ1確実視の神宮大会V投手 大阪桐蔭・前田悠悟が来秋ドラフトの目玉になるための課題

公開日: 更新日:

 プロ注目の逸材が躍動した。

 昨24日の明治神宮大会決勝戦。大阪桐蔭が広陵を下し、大会史上初の連覇を達成。2年生のエース左腕・前田悠悟は1点リードの6回から登板し、4回無失点7奪三振と好投。昨年に続き、胴上げ投手となった。

 この前田は最速149㌔の直球とスライダー、チェンジアップなどの変化球を武器に、今大会は1回戦の東邦戦、準決勝の仙台育英戦と合わせて3試合に登板。今夏、複数のスカウトが「今年のドラフトでも1位に入ってくる」と絶賛していただけに、来秋ドラフトでは1位指名が確実視されている。アマ球界に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「ユニホーム姿は細く引き締まって見えますが、非力さは全くありません。今年も昨年の大会と同様、直球の平均球速は140㌔前後でしたが、昨年と比べていわゆる垂れる球がなくなり、ほぼすべての速球がベース板の上で伸びていた。実際、決勝の広陵戦では、来年のドラフト候補の真鍋が速球に差し込まれて左飛に倒れるなど、ボールの下を振った空振りや詰まった打球が多かった。70%程度の力の入れ具合で、威力ある球を投げるコツを会得したように見えました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」