大鵬に勝った佐田の山の自負と屈辱「俺だって横綱だ。インタビューされる覚えはない」

公開日: 更新日:

 NHKがどうしてもインタビュールームに呼ぶなら、せめて「かち上げが効きましたね」とでも切り出せばいいのに。大関経験者の高安が、転落後に大関を破ったのは九州場所3日目の貴景勝戦で、もう7度目。「おめでとうございます」で始まるインタビューはどうかと思う。

 1966年秋場所14日目、佐田の山が横綱同士の大熱戦で大鵬に勝った。当時は民放も放送しており、支度部屋へ戻るとマイクを向けられた。

「おめでとうございます」「ばか野郎。俺だって横綱なんだよ。インタビューなんてされる覚えはない」

 この一番、佐田の山は優勝が懸かっていたわけではないが、前場所まで大鵬に4勝22敗。しかもこの時の大鵬は2度目の6連覇の4場所目だった。

 後年、「私も口が悪いからあんなことを言ってしまった。何とか大鵬に勝たなければと思っていたから、横綱を務められたんだ」と述懐したが、勝負直後で気が立っていたのも無理はない。

 昭和最後の取組となった88年九州場所千秋楽では、大乃国(現芝田山親方)が千代の富士の連勝を53で止め、日本中が大騒ぎになった。

 大乃国は穏やかに取材を受けたが、「相撲全体の雰囲気が千代の富士関の連勝だけという感じになって、自分はその陰にすっぽりと隠れてしまっていた」と語り、ここまで連勝を許したことに対する、同じ横綱としての責任も口にしている。

 佐田の山も大乃国も、優勝でもないのに横綱同士の対戦に勝って騒がれることへの、じくじたる胸中が違う形で表れた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈