巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

公開日: 更新日:

「原監督とたくさんのガッツポーズができるように頑張りたい」

 23日に行われた巨人の新入団発表。ドラフト1位の浅野翔吾(高松商)がこう意気込んだ。

 14人の新人とともにステージに登壇した原辰徳監督(64)は「心強いメンバーが加わった。今年のドラフトは100点満点。近々未来と言わず、今年の大勢のように一軍でプロ野球選手として勝ち誇れる選手が出てくると思う」とハッパをかけた。

FA戦線カヤの外

 その原監督、今オフは大型補強に乗り出すと思いきや、動きはおとなしい。オリックス入りが決まった前西武森友哉(27)ら複数のFA選手の獲得調査を行ったものの、争奪戦はカヤの外。目立った補強はソフトバンクを構想外になった松田宣浩(39)と、広島長野久義(37)が5年ぶりに復帰するくらいだ。今後はせいぜい米球界でプレーする有原航平(30)や筒香嘉智(30)、外国人選手を獲得するしかないだろう。

 そうなると浅野に対する期待は高まる。高卒外野手の1位指名は巨人史上初。野手全体を見ても、大物高校生の1位は2008年ドラフトでソフトバンクと競合した大田泰示(現DeNA)以来だ。巨人OBが言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感