エ軍が15勝左腕と13本塁打内野手を獲得 来季プレーオフ当確「90勝」戦力まであと一人

公開日: 更新日:

 8年連続でプレーオフ進出を逃し、すでに身売りが決まっている大谷翔平(28)のエンゼルス。

 新たなオーナーが決まるまでは補強もままならないといわれていたものの、意外にもオフは積極的に動いている。

 FAで今季15勝した左腕のアンダーソン(32)、ツインズとのトレードで今季自己最多の144試合に出場して打率.285、13本塁打のウルシェラ内野手(31)を獲得した。スポーツライターの友成那智氏の話。

「アンダーソンは制球の良い変則左腕で、先発では大谷の次の2番手を任せられる投手です。おまけに故障が少なく、計算が立てやすい。シーズン後半のエンゼルスの先発防御率はリーグ2位。サンドバル(26)、デトマーズ(23)、スアレス(24)と左腕の若手三羽ガラスが成長著しいうえに、アンダーソンの加入で先発の層はさらに厚くなった。最大の課題はシーズン後半のチーム総得点(260)がリーグワーストだった攻撃力です。トレードで獲得したウルシェラは守備がバツグンにうまいユーティリティーで打撃もいい。このオフは実績ある打者が何人か自由契約になったので、あとひとり、シーズン25本塁打を期待できるような外野手を獲得できれば、チーム力はかなりアップするはず。同地区でワールドシリーズを制したアストロズを上回ることはさすがに難しいでしょうけど、90勝くらいする可能性はあると思う」

 今季のア・リーグはレイズが86勝、ナ・リーグはフィリーズが87勝でプレーオフに進出した。さらなる補強が条件とはいえ、「90勝」といえばプレーオフ当確ライン。大谷はメジャー6年目にして初めて「ヒリヒリする9月」を過ごし、ポストシーズンに駒を進めることができるかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」