カタールに続きイランが大惨敗…次回W杯「アジア4枠増」には批判必至、日本の初戦に大重圧

公開日: 更新日:

 FIFAランクでアジア最上位20位のイランが、21日の初戦で同5位のイングランドにボコボコにされた。

 アジア最終予選A組の計10試合を4失点の堅守で突破したイランだったが、前半35分に19歳のベリンガムに先制ゴールを奪われると、前半だけで3失点。後半もイングランドの猛攻を浴びて計6失点の大惨敗である。

 アジア勢は前日の開幕戦でカタールが0-2でエクアドルに敗戦。元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう言った。

「アジア最上位のイランがまるで歯が立たなかった。個人のレベルの差は歴然としていて、今季は調子が悪かったイングランドのMFマグワイアが生き生きとプレーしていていたことでも、それは明らかでした。イランはアジアでは堅守で通っていますから、23日にドイツと戦う日本にとっても衝撃的な結果だったと思います。開幕戦では強化を進めていたはずの開催国カタールが南米の中堅国・エクアドルに0-2で完敗。アジアと欧州、南米勢の差は確実に広がっている印象です」

 前回2018年ロシア大会でアジア勢は、1勝1敗1分けで日本だけが1次リーグを突破したが、16強で敗退。残りの韓国、イラン、サウジアラビア、オーストラリアの4カ国は計3勝7敗2分けで、全てグループリーグで姿を消した。14年ブラジル大会はさらに顕著で、日本、韓国、イランの3カ国が0勝2敗1分け。オーストラリアが0勝3敗で、4カ国が1勝もできなかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実