“アジア最強”イランがイングランドにフルボッコ…日本サポ悲鳴、「森保Jにも衝撃」と専門家

公開日: 更新日:

 “アジアの雄”が完膚なきまでに叩きのめされた。

 21日に行われたイランーイングランド戦。序盤からイングランドの猛攻にさらされたイランは前半だけで3失点。後半に入っても3失点とイングランドのゴールラッシュになす術がなかった。PKを含む2点を返したものの、時すでに遅し。終わってみればボール支配率はたったの20%。FIFAランク5位の欧州強豪を前に手も足も出なかった。

 イラン国民は目を覆いたくなる結果だったかもしれないが、日本も対岸の火事ではない。FIFAランク24位の日本に対し、イランは同20位の”アジア最強“。格上が完敗したことで、日本サポーターにも動揺が広がっている。

《日本いけるくね? って思ってたけど、アジア強国のイランがボコられてて絶望してる》《日本より強いアジア最強のイランがボコボコにされてるのを見て真顔になってる》《日本もこんな感じになるかもな》と、今後の展開を悲観する投稿が続発している。

 日本のE組にはドイツ(同11位)、スペイン(同7位)が含まれる。FIFAランク上位10か国の実力差は拮抗していて、両国はイングランドと同格だ。

「ドイツ戦を控えた日本代表も衝撃を受けているでしょう」とは、ワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏。

 日本の初戦、ドイツ戦は日本時間の23日午後10時にキックオフ。ファンだけではなく、日本代表にも重くのしかかるような一戦だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実