「史上最悪」の声も出るカタールW杯ついに開幕 汚名払拭にサクラ動員の悪あがき

公開日: 更新日:

 元FIFA職員のブラジル人ジャーナリスト、リカルド・セティオン氏は「何が起こるかわからない、クレージーな大会になる」と言っている。

 開催費用に3000億ドル(約44兆円。過去最高額は2014年のブラジル大会の150億ドル=2兆円)を投じた史上最も豪華なW杯を、リカルド氏は「カタール開催が決まって以降、スタジアム建設などに関わった労働者の6500人が命を落とした。リッチなカタールW杯は多くの犠牲者の上に成り立っている」と日刊ゲンダイの連載で指摘し、ある人権団体トップのこんな言葉を紹介している。

「スタジアム建設中に死亡した労働者1人につき1分の黙祷を捧げたら、カタールW杯全64試合の全てを沈黙の中で行わなければならない」

 中東開催も冬開催も史上初。11月開幕は暑さのリスクを軽減するための措置だが、通常は欧州のシーズンが終了する6月から7月の開催を後ろ倒しにしたため、各国リーグ戦の真っ只中の選手は疲労困憊。日本代表にも故障者が続出している。今W杯の目玉選手の一人、フランス代表のエースで10月に22年のバロンドール(世界最優秀選手)を獲得したベンゼマも19日に左足の負傷で今大会の欠場が発表された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変