森保J控え中心で臨んだ本番前最後の実戦でハッキリ…W杯で「使える選手・使えない選手」

公開日: 更新日:

格下カナダに逆転負け

 日本時間21日に開幕するカタールW杯。日本代表は17日、本番前最後の実戦となるカナダ代表との国際親善試合に臨んだ。森保一監督は先発メンバーに8人のベンチ要員を起用。23日午後10時キックオフのドイツ戦を前に故障者が続出する中、控えメンバーの重要性が増しているのは確かだ。カナダ戦で見えた本大会で使える選手、使えない選手は──。

 ◇  ◇  ◇

 主軸ボランチの遠藤と守田、正CBの冨安の3人が欠場。左サイドアタッカーの三笘は体調不良で合宿合流すら遅れている。

 ケガ人と故障者続出の非常事態の中で行われたカナダ戦の攻撃系選手は1トップに浅野、右サイドアタッカーに相馬が入った。トップ下には鎌田にポジションを奪われ、控え組に降格となった南野が先発したが、メキシコ五輪銅メダルの元日本代表FW釜本邦茂氏が言う。

「背番号10を背負っている南野は、トップ下から左サイドで起用されるようになると守備機会が増え、持ち味のアイデア満載のラストパス、ゴール枠内を確実に捉えるシュート力がさび付いてしまった。この日、主戦場のトップ下に入ったカナダ戦でも精彩を欠き、ボールロストや凡ミスも目立った。たとえ本大会でプレー機会に恵まれても苦戦が続くだろう。後半から右サイドアタッカーに入った堂安は、チャンスメークと果敢にシュートを狙っていくのが役回りだが、相手の脅威となるようなプレーは見せられなかった。本大会を前に不安材料のひとつです」

 森保ジャパン唯一の得点を決めた相馬は、代表メンバーにギリギリ滑り込んだ選手。カナダ戦は右サイドアタッカーとしてプレーし、後半からは所属クラブでも慣れ親しんでいる左サイドに代わり、ドリブル突破を仕掛けるなど何度か見せ場をつくった。

 しかし、前出の釜本氏に言わせると「シュートもチャンスメークも、とにかく回数が少な過ぎる。物足りないプレーも目に付いた。カナダ戦でのパフォーマンスでは、W杯本大会で活躍するのは厳しいでしょう」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽