西武はFA森の流出でオリの誰狙う?「人的補償」に挙がるベテラン2人の名前

公開日: 更新日:

 FA権を行使した正捕手の森友哉オリックスに奪われた西武。関係者の間では早くも、「オリックスから誰を人的補償で獲得するか」が話題になっている。

 そんな中、西武が狙っているとウワサされる2人のベテランがいる。パ球団の編成担当は「日本ハムからFA宣言した近藤健介を獲得できるかどうかで28人のプロテクトの人選も変わるでしょうが……」と前置きした上で、こう続ける。

「野手では森と同じ左打ちのT-岡田(34)が狙い目でしょう。今季は若手の台頭もあり、36試合出場で1本塁打に終わったものの、2020年は16本塁打、21年も17本塁打をマーク。10年に本塁打王を獲得したパワーは健在です。西武は今季、チーム打率(.229)はリーグ最下位、チーム総得点(464)はリーグ5位。ただでさえ打てない上に森が流出する。野手強化は急務です」

 投手では、通算213セーブを挙げる平野佳寿(38)がプロテクト漏れする可能性があるという。

「オリックスは山本由伸宮城大弥(21)は絶対に外せないし、宇田川優希(24)、山崎颯一郎(24)らイキのいい若手が多い。平野は近藤大亮(31)やK-鈴木(28)らとともに、ボーダーライン上にいるとみています。西武も投手力は高いですが、平野はいまだ衰え知らずでメジャーでもプレー。多くの修羅場をくぐってきた。ブルペンリーダーとしても適任です」(西武OB)

 西武は18年オフ、FAで巨人へ移籍した炭谷の人的補償として、当時36歳の内海を獲得した。今回は果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実