新女王・山下美夢有がこれから背負う「常勝」の重圧…雑草育ちは短命のジンクスも

公開日: 更新日:

 まだ上り坂の途中か、それとも……。

 山下美夢有は13日に閉幕した伊藤園レディースで今季4勝目を挙げ、メルセデスランク1位を確定させた。ツアー本格参戦2年目にして、今季の獲得賞金は約2億327万円。昨季までの賞金女王から順位に応じたポイント制に変わり、史上最年少(21歳103日)の女王となったが、問題は来季以降だ。

「今年の山下は強めのパッティングが印象的です。外したときの返しのパットなど考えていないようにヒットする。『ゴルフは怖いもの知らずが強い』と言いますが、山下のパットがまさにそうです。全英に勝ち、国内でも4勝した2019年の渋野日向子(24)のパッティングも壁ドンと呼ばれ、カップの反対側に当てて入れる強いヒットが代名詞だった。しかし、怖いもの知らずだけでは長続きしません」というツアー関係者はさらに続ける。

「昨季9勝で賞金女王になった稲見萌寧(23)も今季は2勝していますが、昨年のような強さは見られない。女王の座に就くとスポンサーやファンも増える。毎回勝つことが当たり前だと思われ、それが重圧となり、勝てなくなると負の経験が蓄積されていく。気持ちが守りに入り、パットを強めにヒットするのが怖くなる。若い選手がコンスタントに勝ち続けるには勢いだけでなく、メンタルコントロールなどのプラスアルファも必要。21歳で賞金女王になった上田桃子が36歳になった今でも優勝争いに何度も顔を出すのはそれがあるからです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速