角界のサッカーフリーク元横綱鶴竜親方「C.ロナウドの大ファン 最後の勇姿を見届けたい」

公開日: 更新日:

元横綱 鶴竜親方(37歳 )

 角界の頂点を極めた横綱にして、無類のサッカー好き。故郷モンゴルで見たブラジルのロナウドの勇姿に魅せられてサッカーにのめり込み、2014年ブラジルW杯では日本代表メンバーをほとんど的中させた。W杯の展望と優勝予想、そして日本代表への“提言”などを語る。

 ◇  ◇  ◇

■日本は年齢に左右されないチームづくりを

 日本代表のE組は「死の組」といわれ、「ドイツとスペインがいるから、日本のグループリーグ突破は厳しい」という声もあります。

 でも、僕は可能性はあると思うんです。確かにドイツは強い。若手も育っており、厳しい戦いになりそう。でも、スペインはビッグネームですが、ワンチャンスあると思っています。

 メンバーがそこまで揃っておらず、ケガの多くなったベテランDFセルヒオ・ラモスの代表入りが取り沙汰されるなど、ディフェンスも層が厚いわけではない。そうなると、日本が勝てるチャンスがあるわけです。

 もちろん、コスタリカも油断していい相手ではありません。以前ならば負けない相手でも、今はFIFAランキング31位。2014年のブラジルW杯はベスト8です。GKのケイロル・ナバスはパリSGに所属している。日本との総合力の差はあっても、油断せずに確実に勝たなければなりません。

 日本は初戦がドイツで、次がコスタリカ戦、最後にスペイン戦。2試合目を絶対に勝って、いかに良いムードでスペインに臨めるか、が大事です。

 日本代表について、以前から気になっていることがあります。

 それはチームづくりにおける<年功序列>です。

 日本はどんなに能力がある選手でも、年代別代表のアンダー世代を卒業してからA代表に……という流れがあります。

 でも、それは本当に必要なステップなのか、と思うんです。

 海外ならばアンダーの選手であっても、実力があればすぐにA代表に入ります。今回は出場していませんが、ノルウェー代表のFWアーリング・ハーランドは19歳からA代表で活躍しています。

 今の日本代表だとMFの久保建英堂安律が若いといわれますけど、21歳と24歳ですからね。レアルのユースでプレーしていた19歳のMF中井卓大(現レアル・マドリード・カスティージャ)を代表入りさせても面白いと思います。それこそ、試合に出場できなくても、ベンチでW杯の雰囲気を味わうだけでも、大きな財産になるのではないか。

 ベテランの選手はこれまでチームに貢献してきて、年齢を重ねても頑張っているのはわかります。それでも「どっちがうまいの?」と、あくまで実力で選手を選ぶべきだと思います。

 若い選手にW杯を経験させれば次のW杯にも必ずそれが生きると、僕は常々思っています。

 強い国は、そうやって選手をスムーズに世代交代させている。そこを失敗し新たなスター選手をつくることができなかったのが、今回も出場を逃したイタリアです。

 W杯にイタリアがいないなんていまだに信じられませんが、それだけサッカーは世界中で人気になり、競技人口も増えてレベルも上がっている。サッカー大国のイタリアですら、安泰ではないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至