“ひ弱”なFA千賀滉大の希望は「大都市の強豪球団」ゴジラのようにNYの超シビアな環境に耐えられるのか

公開日: 更新日:

「彼はビッグマーケットの、しかも強いチームでプレーしたいと考えているようだ」

 日本時間9日、米ネバダ州ラスベガスでスタートしたGMミーティングで代理人のジョエル・ウルフ氏がこう言った。

「彼」とは海外FA権を行使してメジャー入りを目指す千賀滉大(29)のこと。代理人を務めるジョエル氏によれば、千賀の希望は大都市の強豪球団だという。

 大都市の強豪球団といえば、ニューヨークを本拠地にするヤンキースやメッツ、ロサンゼルスのドジャースなどが真っ先に思い浮かぶ。

■「松井秀喜を思い出した」

 ジョエル氏は続けて「彼はそういうこと(大都市の強豪球団を希望していること)も、ハッキリと言える。(主にヤンキースでプレーした)松井秀喜のことを思い出したよ」と、かつてスタッフのひとりとしてサポートした顧客の固有名詞まで出したから、千賀はおそらくヤンキースのようなチームでプレーしたいと考えているのだろう。

「大都市の強豪球団」は総じて環境がシビア。ましてヤンキースといえば、メジャーで最も選手にプレッシャーのかかるチームだ。結果を出せばニューヨーク中から称賛される一方で、期待を裏切ったときはこれでもかというくらいバッシングを浴びる。

 松井はかつて「自分はシビアな環境にいた方が力を発揮できる」と言ったことがある。星稜高時代から「ゴジラ」の異名をとり、甲子園では5打席連続敬遠で日本中を沸かせた。プロ入り後は巨人の4番打者という、ある意味、球界の頂点に立つ選手として常にファンやマスコミの注目を浴び続けた。そういう環境にいながら、いや、そういった厳しい環境に身を置いたからこそ結果を出すことができたのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    平野紫耀はタッキー新会社に? キンプリ永瀬廉と高橋海人“2人体制”番組続々発表にファン動揺

    平野紫耀はタッキー新会社に? キンプリ永瀬廉と高橋海人“2人体制”番組続々発表にファン動揺

  2. 2
    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

  3. 3
    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

  4. 4
    ガーシー容疑者側が地元警察に「オカン」の警護要請 ガサ入れ痛烈批判の裏に見るツラの皮

    ガーシー容疑者側が地元警察に「オカン」の警護要請 ガサ入れ痛烈批判の裏に見るツラの皮

  5. 5
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  1. 6
    NHK武田真一、朝日ヒロド歩美が局退社へ…2人を待ち受ける“フリーアナ戦線”の苛烈

    NHK武田真一、朝日ヒロド歩美が局退社へ…2人を待ち受ける“フリーアナ戦線”の苛烈

  2. 7
    氷川きよし“Kiina”正式改名と独立復帰を阻むもの…支えてくれた母へ故郷で親孝行の日々

    氷川きよし“Kiina”正式改名と独立復帰を阻むもの…支えてくれた母へ故郷で親孝行の日々

  3. 8
    バウアーが右肩の張りで“案の定”実戦登板先送り DeNA加入はもしや「メジャー復帰」へのリハビリ?

    バウアーが右肩の張りで“案の定”実戦登板先送り DeNA加入はもしや「メジャー復帰」へのリハビリ?

  4. 9
    JGTO青木会長「あと1年やらせてもらいます」の舌足らず…“クーデター仕掛け人”は退場、空中分解の男子ゴルフ

    JGTO青木会長「あと1年やらせてもらいます」の舌足らず…“クーデター仕掛け人”は退場、空中分解の男子ゴルフ

  5. 10
    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償