オリックスはオフも主役!獲得有力の西武・森友哉に加え日本ハム近藤健介にもピタリ照準

公開日: 更新日:

 おいおい、そんなに欲張って大丈夫かと、他人のフトコロながら心配になってくる。

 リーグ2連覇、今季は日本一になったオリックスが8日、海外FA権を行使した日本ハム近藤健介(29)の獲得も視野に入れていることに関してだ。

 オリックスはすでにFA宣言している西武森友哉(27)の獲得が有力視されている。ポジションのかぶる伏見寅威(32)がFAを行使したのも、森獲得を察知したからだともっぱらだ。

 森の今季年俸は2億1000万円。近藤は2億5500万円。今オフのFAの目玉2人を、それぞれ複数年契約で獲得しようと思ったら、ざっと見積もって総額40億円近いカネがかかるともいわれるが……。オリックスOBの話。

「今オフは吉田正尚、来オフは山本由伸が、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦することが有力。来年オフにかけて主砲とエースがいなくなるとすれば、それなりの手当てが必要なのも理解できる。吉田は年俸4億円。年俸3億7000万円の山本は、2年連続沢村賞で来季年俸はおそらく5億円超。2人合わせて約10億円が浮く計算だし、ともにポスティングだからそれなりの収入も見込める。それに親会社はかなり体力がありますからね。なにしろ26年ぶりの日本一に、宮内オーナーはいたってご機嫌だった。2年連続日本一どころか常勝球団をつくるために、思い切って財布のヒモを緩める可能性はあります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった