オリックスはオフも主役!獲得有力の西武・森友哉に加え日本ハム近藤健介にもピタリ照準

公開日: 更新日:

 おいおい、そんなに欲張って大丈夫かと、他人のフトコロながら心配になってくる。

 リーグ2連覇、今季は日本一になったオリックスが8日、海外FA権を行使した日本ハム近藤健介(29)の獲得も視野に入れていることに関してだ。

 オリックスはすでにFA宣言している西武森友哉(27)の獲得が有力視されている。ポジションのかぶる伏見寅威(32)がFAを行使したのも、森獲得を察知したからだともっぱらだ。

 森の今季年俸は2億1000万円。近藤は2億5500万円。今オフのFAの目玉2人を、それぞれ複数年契約で獲得しようと思ったら、ざっと見積もって総額40億円近いカネがかかるともいわれるが……。オリックスOBの話。

「今オフは吉田正尚、来オフは山本由伸が、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦することが有力。来年オフにかけて主砲とエースがいなくなるとすれば、それなりの手当てが必要なのも理解できる。吉田は年俸4億円。年俸3億7000万円の山本は、2年連続沢村賞で来季年俸はおそらく5億円超。2人合わせて約10億円が浮く計算だし、ともにポスティングだからそれなりの収入も見込める。それに親会社はかなり体力がありますからね。なにしろ26年ぶりの日本一に、宮内オーナーはいたってご機嫌だった。2年連続日本一どころか常勝球団をつくるために、思い切って財布のヒモを緩める可能性はあります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ