大谷翔平はいつ侍Jに合流? 日本Rからの参加ならイチロー超えのフィーバーは確実

公開日: 更新日:

 代表内での期待は大きい。エンゼルスの大谷翔平のことだ。

 前回(2017年)大会の優勝国・米国や中南米の強豪国は複数の現役メジャーリーガーが参戦予定。日本が09年大会以来の世界一を果たすには、大谷の存在が不可欠だ。本人も出場に意欲を見せているとはいえ、問題は本当に参戦できるのか、参戦したとしてもいつから合流するかである。

 前回大会で唯一のメジャーリーガーとして参戦した青木宣親(アストロズ=当時)は宮崎での合宿を回避し、米国で自軍のキャンプ参加後、1次・日本ラウンド直前に代表へ合流した。大谷が代表入りし、日本Rから参戦することになれば、青木と同様の形になるだろう。ただ、来年2月の宮崎合宿から「完全参戦」する可能性もゼロではない。

 そこで想起されるのが第2回大会が行われた09年だ。あのイチロー(マリナーズ=当時)が宮崎合宿から参加。練習が行われたサンマリンスタジアムは7日間で約25万人を動員。宮崎市内から球場までの道路は連日、大渋滞となった。

 宮崎県観光協会の関係者に話を聞くと、「具体的な対策、準備は県が中心となり、これから検討していきます」と前置きした上で、「大谷選手が参加すれば、イチロー選手の時のような大フィーバーになる可能性があります。大谷選手の参加可否によって警備、輸送などの受け入れ態勢は変わると思います」と話した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》