巨人ドラ1浅野翔吾を徹底解剖!「小中高通算218本塁打」圧倒的パワーの秘密

公開日: 更新日:

浅野翔吾(17歳・外野手・高松商)=巨人1位

「気が優しくて力持ち。(野球漫画の)ドカベンの山田太郎みたい」と高松商・長尾健司監督が評する。高校通算68本塁打、先月のドラフト会議で巨人、阪神の2球団から1位指名を受け、巨人が交渉権を獲得した高松商・浅野翔吾外野手である。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 父の影響を大きく受けた。徳島県出身の父・幹司さん(53)は香川県に本社を置く西野金陵株式会社に勤務している。起源は安永8(1779)年、創業は寛政元(1789)年という、こんぴらさん(金刀比羅宮)のお神酒を造っている歴史ある酒造会社だ。幹司さんがこう言う。

■香川の地酒を売って勤続35年

「高校卒業後に西野金陵に就職して、もう勤続35年になります。徳島から始まって、高松の支店、また徳島に戻って高松に異動と2往復しました。主に営業職でやってきて、地元のホテルやお店に地酒を卸しています。2度目の高松転勤時、翔吾がちょうど小学1年生に上がる時に今の(高松市の)屋島に移り住みました」

 母、学生の姉、中学2年生の弟の5人家族で、屋島にある一軒家(会社の持ち家)に暮らす。

 名門・徳島商で野球歴のある幹司さんは「サッカーをやるとか言われたら困るので、小さい頃に遊びのバット、ボール、グラブを買い与えました」と週末に公園で仕込んだこともあり、小学3年時に屋島野球スポーツ少年団(後に合併して屋島シーホークス)に入団。同クラブの元監督・森本哲史氏は「体験に参加した日から、打てばバットに当てられるし、フライも問題なく捕れる。能力の高さを感じました。ガッツがあって、初めて出場した試合では、ライトなのにセンターフライを捕っちゃうくらいでした」と振り返る

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》