アストロズがワールドS初の“継投ノーノ―”! 若手台頭しチーム牽引 大谷は来季苦戦必至か

公開日: 更新日:

 アストロズは日本時間3日、フィリーズとのワールドシリーズ第4戦で先発ハビエル、2番手アブレイユ(ともに25)の若手右腕ら4人が好投し、ノーヒットノーランを達成。シリーズ史上初の継投によるノーノーを成し遂げ、対戦成績を五分とした。

 ア軍はポストシーズンに入ってエース右腕バーランダー(39=1勝0敗、防御率7.20)、首位打者3度(2014、16、17年)のアルトゥーベ(32=打率.160)ら主力のベテラン選手が揃って不調。高給取りとは対照的にハビエル(年俸約1億1000万円)ら若手が活躍している。野手では今季メジャーデビューを果たした遊撃のペーニャ(25=同1億370万円)がア・リーグ優勝決定シリーズで打率.353、2本塁打、4打点と活躍し、MVPに選ばれた。若手選手がチームを牽引し、地区シリーズから負けなしの7連勝でワールドシリーズ進出を果たした。

大谷翔平は今季こそ圧倒したけれど…

 同じア・リーグ西地区のエンゼルス・大谷翔平(28)は今季、ア軍に対して投げては5試合で3勝1敗、防御率1.21、打っては打率.206、2本塁打、8打点。若手選手との相性は良く、投手のハビエルには7打数3安打の打率.429、1本塁打、3打点、野手のペーニャは11打数1安打の被打率.091、6奪三振とカモにした。エンゼルスはレギュラーシーズンでリーグ最高勝率.654をマークしたチームに6勝13敗と大きく負け越したものの、ライバル球団の若手を投打で圧倒した。しかし、ペーニャのように終盤戦からポストシーズンにかけて急成長したケースもある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》