中日2位・村松開人は甲子園出場した兄の応援ボイコット 母のスコアブック1000枚は家族の宝物

公開日: 更新日:

村松開人(21歳・内野手・明大)=中日2位

 幼少期は泥んこ遊びが大好きだったそうだ。

「保育園に着くなり砂場に行って全身泥まみれ。いつもパンツまでまっ茶色にして……」とは、保育士をしている母・好乃さん(54)。幼子とはいえ毎日のように服を汚して帰る息子にウンザリしていたかといえば、まったくそうではなかった。さらに続ける。

「私は『いいよ、いいよ、たくさん遊んだね~』とほほ笑ましい気持ちになっていました。むしろ、子供のうちから泥遊びなどができないと、逆に可哀想と思っていたくらいなので」

 そんな村松が生まれたのは、茶の名産地として知られる静岡県牧之原市だ。姉と、現在は京葉ガスで投手としてプレーする兄に続く末っ子として育った。ワンパク小僧で小学校低学年の頃は「茶畑から“茶の実”を拾って投げて遊んでいたらトラブルになり、学校から呼び出されたこともありました」と振り返る好乃さんの話を、会社員として建設現場の管理などを担当する父・宏明さん(54)が引き取る。

■「落ち着きがないから習字を」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差