不満も噴出! 衝撃走った「大迫勇也落選」と「柴崎岳セーフ」サプライズ選考の真相

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表の森保一監督(54)は1日、今月20日に開幕する2022年W杯カタール大会のメンバー26人を発表。「最終的には今朝、決断した」と直前まで悩み抜いたことを明かした。

■W杯メンバー選出サプライズの明暗

 最大のサプライズは、森保ジャパンの主力を長く務め、3大会連続出場を目指した大迫勇也の名前が呼ばれなかったことだろう。森保監督は「(外れた)大迫、古橋はこれまでの活動の中で、この4年間でW杯への道をつなげてくれた素晴らしい選手。許されるのであれば招集したい。しかし、選手の置かれている状況、コンディション、W杯での戦いをシミュレーションした時、優先順位としてこの選考になった」と説明した。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「大迫は足の故障の影響で3月から代表に招集されていなかった。コンディションが万全なら選ばれたでしょうが、9月のドイツ遠征・米国戦に1トップとして先発した前田(の鬼プレス)が機能したので、森保監督が手応えを得た可能性はある。最近、大迫は所属先の神戸でゴールを決めていますが、ドイツ遠征に呼ばなかった時点でメンバーから外すことを決めていたと思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感