オリ1勝の裏に「ナカジマジック」炸裂! 虎の子の1点守り抜いた“非情”継投ハマった

公開日: 更新日:

 指揮官の「魔法」が冴え渡った。

 3試合を終え、ヤクルトに2敗1分けと劣勢のオリックス。26日の4戦目は三回に杉本の適時打で先制するも、五回に先発の山岡がピンチを迎えた。

【写真】この記事の関連写真を見る(23枚)

 1死走者なしから1番塩見に三塁打。ここで中嶋聡監督(53)が動く。

 4回を無失点に抑えていた山岡をスパッと見切って育成出身の剛速球投手・宇田川(23)にスイッチ。若き右腕も期待に応えた。2番山崎を徹底したフォーク攻めで三振に仕留めると、3番山田を全球150キロ超えの直球で追い込み、フォークで見逃し三振。内野ゴロでも同点の可能性が高い場面で、チームで最も奪三振率の高い(12.90)宇田川の起用が見事にはまった。

 評論家の山崎裕之氏が言う。

「中嶋監督はさまざまなシミュレーションをした上で、『こういう場面なら宇田川』と事前に決めていたでしょう。プレッシャーのかかる場面でしたが、宇田川はメンタルが強くピンチでも動じないなど、選手個々の性格を把握しているからこそ、適材適所の采配ができる。山岡の降板は見方によっては非情と映るかもしれませんが、日本シリーズのような短期決戦に情は不要。その場その場に適した冷静な判断が重要です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ