巨人のドラフト隠し玉発覚!「最速153キロ右腕」と「坂本勇人の後継者候補」リストアップ

公開日: 更新日:

 巨人が20日のドラフト会議に向けて「最速153キロ右腕」と「坂本勇人の後継者候補」をリストアップしていることが、17日までに分かった。

■初先発をスカウト部長が視察

 まずは、関西六大学リーグに所属する大経大の右腕・才木海翔(4年=北海道栄)だ。16日の大院大戦に先発すると、五回までパーフェクト投球。毎回の10三振を奪う力投で、7回2安打無失点に抑え、今秋初勝利を挙げた。巨人などのスカウトが視察する中、最速は146キロ。ドラフト前最後のアピールに成功した。

■グラブに「就活中」と刺繍

 181センチ、86キロ。昨秋のリーグ戦で防御率0.74をマークし、最優秀防御率に輝いた。高校時代に68キロだった体重は86キロまで増量。武器は最速153キロの直球だが、落差の大きいフォークもあり、先発もリリーフもできるのが魅力だ。グラブには「就活中」と刺繍している。

「特に巨人が熱視線を送っています」と、さる球界関係者がこう明かす。

「9月27日の大経大ー大商大戦を巨人の水野スカウト部長が視察した。大経大の開幕戦は同10日。それまで才木はリリーフとして登板していたが、大商大との2回戦の27日は今秋初の先発だった。つまり、巨人側と大経大側が連絡を取り合っていないと分からない情報で、すでに両者の間で信頼関係があるという証拠。指名の確約も済んでいるのではないか。ただ、大阪で過ごした中学時代まではやんちゃだったこともあり、他球団は実力を認めながらも、野球に取り組む姿勢などに疑問符をつけている。リストから外した球団もあります」

 巨人は今季、いずれもリーグワーストとなる防御率3.69、589失点を喫した投手陣の立て直しが急務。原辰徳監督(64)は常々、「投手は何人いてもいい」と話している。さるチーム関係者がこう言った。

「本来なら1位指名は即戦力投手という声は当然あった。それでも、将来性を買って高松商の浅野外野手を指名すると公表した。その分、2位以下で投手をかき集めることになりそうで、才木は4位以下の可能性があります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》