国体も制し高校野球3冠!大阪桐蔭「松尾・海老根・川原」の“掛け値なし”プロの評価

公開日: 更新日:

 昨5日の栃木国体決勝で、大阪桐蔭が聖光学院(福島)を5-1で下し、初の国体単独優勝を決めた。これで昨秋の明治神宮大会、今春センバツと合わせて3冠となった。

 初回は「3番・捕手」の松尾汐恩(3年)が左前打でチャンスを広げ、「5番・中堅」の海老根優大(3年)が中堅フェンス直撃の先制2点適時二塁打。五回には松尾が左中間へダメ押しのソロ本塁打を放った。投げては先発右腕・川原嗣貴(3年)が1失点完投勝利で締めた。

 この高校日本代表の3人はプロ志望届を提出している。20日のドラフト会議に向けた最後のアピールともいえるが、実際、プロの評価はどうなのか。ある球団のスカウトが「中でも評価が高いのは松尾です」とこう続ける。

「長所は打撃と肩の強さ。1年秋から捕手を始めているので、捕球が課題だが、その前はショートだったし、外野もできるから、捕手としてダメでもつぶしが利く。外れも含め、1位の12人に入ってくるでしょう」

 あとの2人はどうか。

「長身の投手は制球が悪いケースが多いけど、川原は身長が188センチで手足が長い割にコントロールがいい。投球時の体の開きが早いので、評価が分かれるところだが、3位入札があるかどうかといったところ。海老根の外野の守備力と足はトップクラス。課題は打撃で、フィジカルが強いから、当たれば飛ぶんだけど、バットが内側から出てこない。いわゆる金属打ちなので、プロでは少し時間がかかるかもしれない。こちらは当落線上の選手です」

 3人そろってプロ入りできるかーー。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害