札幌冬季五輪「招致スローガン」投票開始も…街も市職員もドッチラケのお寒い現実

公開日: 更新日:

 一連の汚職事件で地に落ちた五輪のイメージ回復に必死だ。2030年の冬季五輪・パラリンピック大会の招致を目指す札幌市とJOCは4日から、「招致スローガン」を決めるキャンペーンを始めた。

①世界が驚く、冬にしよう。②NAMARA熱い!真っ白な舞台へ③未来のために、いま変えよう。──の3つの候補案から市民に最も良い案を選んで投票してもらい、その意見を尊重して決めるという。

 ネットの場合は特設サイトで17日まで投票を受け付けるが、どの案も微妙なスローガンだ。この期に及んで、まだ招致する気である方が、よっぽど「世界が驚く」だろうし、「真っ白な舞台」を強調するほど、ドス黒い五輪利権を連想させる。「いま変えよう」と言うのは、やはり五輪が問題だらけであることを認めているようなものだ。

 現場の札幌市を訪れても、お寒い状況だ。招致の機運醸成を図るポスターが張られているのは、札幌市役所や市営地下鉄の歩行路、市の第三セクター「札幌ドーム」と、市が絡んだ施設ばかり。さすがに市役所の目の前にある札幌商工会議所の入り口にはポスターが張ってあったが、繁華街の飲食店内や商店街の店先などでは、まるで見かけることはない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?