著者のコラム一覧
大豊昌央元大相撲力士

本名は鈴木栄二。1955年3月29日、新潟県北魚沼郡堀之内町(現魚沼市)出身。73年に時津風部屋に入門し、同年11月場所で初土俵。81年1月場所に新十両に昇進し、82年5月場所で新入幕。83年1月場所は新三役として小結を務める。87年1月場所後に引退し、時津風部屋の部屋付き親方となり、2002年に独立。20年に蒼国来に部屋を継承させ、相撲協会を退職。主な弟子は蒼国来、若隆景、若元春ら。最高位は小結。

荒汐部屋の跡継ぎを打診するも…蒼国来は一度「親方にはなりません」と断った

公開日: 更新日:

 私の誕生日は1955年3月29日。65歳になる1日前、2020年3月28日が定年を迎える日だったのですが、2日早めて26日に相撲協会を退職しました。そんな私の跡を継ぎ、蒼国来が「荒汐親方」となったのです。

 中国内モンゴル自治区出身の彼が親方になるには、日本国籍を取得しなければならない。私は協会を辞める2年くらい前から、彼に「跡を継いでくれないか?」と打診をしていました。

 ところが、当初、蒼国来は「親方にはなりません」ときっぱり言う。確かに国籍の変更は簡単にできるものではありません。蒼国来が継いでくれると思っていた私は、さて、どうしたものか……と困りました。

 蒼国来の気持ちが変わったのは、ある場所後に中国に一時帰国してからです。両親や親戚、友人に「実はこんな話があったんだ」と聞いて回ったそうですが、10人に聞いたら10人、20人に聞いたら20人に「親方になるべき」と言われたそうです。中には蒼国来が「断りました」と言ったら、「バカじゃないのか、おまえ」と返されたこともあったとか。

 周囲に説得されて、気持ちも変わったのでしょう。帰国するなり、「やっぱり私に継がせてください」と申し出てきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで