引退したフェデラーはテニスの市場や裾野を拡大させた スーパースターの偉大な功績

公開日: 更新日:

「完璧な旅だった」

 9月23日、レーバー・カップ(ロンドン)で現役を引退したロジャー・フェデラー(41=スイス)がこう言った。

 4大大会のシングルス20勝、史上最高のテニス選手のひとりといわれただけに、本人が「完璧な旅」と振り返ったのも当然か。

 しかし、スポーツライターの武田薫氏は、「フェデラーの功績はそれだけじゃない。季節、距離、時間……それらをひっくるめて世界を縮めたことでしょう」とこう続ける。

「今でこそ全豪、全仏、ウィンブルドン、全米を4大大会と呼びますが、そもそもテニスのツアーは北半球中心。実績あるトップ選手は季節が逆でオフの時期に、わざわざ距離のある全豪には積極的に行こうとしなかった。そういった状況で2003年にウィンブルドンを制し一気にテニス界の頂点に立ったフェデラーが、翌04年の全豪に出場、優勝したことで流れが変わった。全豪の格は上がり、テニスのツアーは南半球やアジアにも広がった。テニスの市場や裾野が飛躍的に拡大し、文字通り世界ツアーとなったのは空路を含めた技術革新だけではない。そこにフェデラーというスーパースターが乗っかったことが何より大きかったのです」

 大坂なおみが60億円以上稼ぎ、女子アスリート史上最も稼ぐ選手になったのも、テニスが世界的なスポーツとして認知されたからこそ。錦織が山ほど稼ぐ高給取りになったのも同様だ。彼らはフェデラーにアタマが上がらない──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ