ヤクルト村上56号・史上最年少&令和初の三冠王! 早くも気になる来季年俸とオフの稼ぎ

公開日: 更新日:

 今季最終打席でついに世界の王を超えた。

 ヤクルトの村上宗隆(22)が今季最終戦となった3日のDeNA戦の七回、入江の初球ストレートを一閃。右翼席上段へ今季56号本塁打を叩き込んだ。実に61打席ぶりの一発で、あの王貞治(巨人)が1964年にマークした日本人最多記録を更新。打率.318、56本塁打、134打点で史上最年少かつ令和初の三冠王を獲得した。

【写真】この記事の関連写真を見る(21枚)

 そこで注目されるのが、今オフの契約更改である。

 リーグ優勝してMVP、本塁打王のタイトルを獲得した昨オフは、年俸1億円から1.2億円増の2.2億円プラス出来高でサインした。「最大限の評価をしていただいた」と話した村上だったが、2億円の攻防でスッタモンダがあったという。

「ヤクルトに限らず、コロナ禍で各球団は軒並み減収。当初の提示額は村上の希望額と開きがあったようです。背に腹は代えられない中で、まさしく最大限の評価を受けた格好ですが、コロナ禍がなければもっと上がっていたかもしれません」(放送関係者)

 リーグ連覇を達成した今季は、球団史上初の2年連続日本一の可能性があるだけでなく、2年連続のMVPも決定的だ。

■ヤクルトの“借り”

 昨年を大幅に上回る圧倒的な成績を残したうえ、殊勲打数は実に32を数え、関係者によると、チームへの勝利貢献度を表す総合指数「WAR」は12球団で唯一、「10」を超え、断トツだという。ちなみに、メジャーでは投打二刀流の大谷翔平が9.7(日本時間3日現在=ベースボール・リファレンス)。村上の貢献度は絶大で、年俸の大幅アップは確実だ。

「昨年、一昨年と比べて、年俸アップする条件が整っています」とは、前出の関係者。

「今季は開幕から3年ぶりに観客動員の制限が撤廃。その効果もあり、1試合平均の観客動員は前年の9930人の倍以上となる2万2741人。コロナ前の数字には及びませんが、CSファイナルステージの主催権を獲得しており、大幅増収が見込まれている。昨年、一昨年とコロナ禍による減収が続いたとはいえ、球団も村上に対して昨年の“借り”があるはず。年俸は4億~5億円の攻防になるとみられます」

 仮に年俸5億円に到達すれば、2011年に25歳シーズンで到達したダルビッシュ(日本ハム)を超える史上最年少での5億円プレーヤーとなる。

「親会社であるヤクルト本社からの後方支援も期待できるかもしれません。主力商品である『ヤクルト1000』が好調なこともあり、過去最高の純利益(449億円)を上げた22年3月期に続き、7月末に発表した23年3月期の第1四半期決算も売上高が前年比12%増を記録するなど、大幅増収増益となった。株価も3日午後3時現在、1年前(21年10月4日)の5700円から、約1.45倍の8280円まで跳ね上がりました」(経済ジャーナリスト)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽